メリーランド大学所蔵〈プランゲ文庫〉記念展示図録

戦後55年を経て、初めて刊行!アメリカにあった、日本の戦後。

svc05_ph02.gif

言論検閲が行われたGHQ占領下。大量の出版・刊行物がアメリカに輸送され、保管された。収集の最大の功労者の名をとって命名された<プランゲ文庫>。 空白の戦後史を埋めるその全容を示す展示会が平成10(1998)年、半世紀を経た日本で始めて開催された。この図録には、その時の展示資料を中心に総点数およそ300点を掲載。大半は散逸して今日の日本ではほとんど見ることのできない貴重な資料により、占領軍の検閲政策の実態とともに、戦後に解き放たれた大衆文化の諸相を如実に知ることができる。

  • ■通常の図書・新聞・雑誌をはじめ、労組機関紙、学校新聞、壁新聞等、大小の、また活版、手書きやガリ版といった多様な形態の出版物を網羅。
  • ■各資料には、発行者・著者・発行日・価格及び検閲内容等の簡単な解説付。
  • ■新聞等の資料は文字が読み取れるサイズで収録。研究書にも最適。

 

A4判 200ページ オールカラー 上製本 ¥40,000

※価格は消費税別です。